プロフィール

プロフィール

名前 甘利 明(Akira Amari)
生年月日 昭和24年8月27日
出身地 神奈川県厚木市
政党 自由民主党
選挙区 神奈川第13区・当選12回

略歴・役職(2017年11月現在)

平成29年(現在) 【11月】 自由民主党 行政改革推進本部 本部長(11月7日付)
自由民主党 知的財産戦略調査会 会長(11月2日付)
平成28年 【10月】 自由民主党 税制調査会 副会長
  【8月】 自由民主党 総務会 総務
平成27年 【12月】 経済再生担当大臣、社会保障・税一体改革担当大臣、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)《第3次安倍改造内閣》
平成26年 【12月】
経済再生担当大臣、社会保障・税一体改革担当大臣、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)《第3次安倍内閣》
【9月】 経済再生担当大臣、社会保障・税一体改革担当大臣、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)《第2次安倍改造内閣》
平成24年 【12月】 経済再生担当大臣、社会保障・税一体改革担当大臣、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)《第2次安倍内閣》
【9月】 自由民主党 政務調査会長
平成23年 【10月】 自由民主党広報本部長
平成20年 【9月】 内閣府特命担当大臣(規制改革)、行政改革担当大臣、公務員制度改革担当大臣《麻生内閣》
>> 行政改革 - これまでの取り組み
>> 内閣府特命大臣としての主な実績
平成19年 【9月】 経済産業大臣《福田内閣》
【8月】 経済産業大臣《安倍改造内閣》
平成18年 【9月】 経済産業大臣《安倍内閣》
>> 経済産業大臣としての主な実績
平成16年 【9月】 衆議院予算委員長
平成13年 【5月】 自由民主党 筆頭副幹事長
平成10年 【7月】 労働大臣 《小渕内閣》
平成7年 【9月】 衆議院商工常任委員長
平成5年 【7月】 自由民主党商工部会長
平成元年 【8月】 通商産業政務次官《海部内閣》
【6月】 通商産業政務次官《宇野内閣》
昭和58年 【12月】 衆議院議員初当選(以来連続11期・現在に至る)
昭和49年 【9月】 甘利 正(後に衆議院議員)秘書
昭和47年 【4月】 ソニー株式会社入社
【3月】 慶応義塾大学法学部政治学科卒

所属議員連盟

スーパーコンピューター推進議員連盟会長
ルール戦略推進議員連盟会長
日本イタリア友好議員連盟会長(超党派)
日本アゼルバイジャン友好議員連盟会長(超党派)
音楽文化振興議員懇談会会長
宇宙エネルギー利用推進議員連盟会長
知的財産制度に関する議員連盟会長
コンテンツ産業推進議員連盟会長

賞罰

ガバァリエーレ・ディ・グラン・クローチェ勲章 (イタリア共和国より)